ホーム > プロフィール

プロフィール

サウスユーベ初蹴り
2017年 1月 4日 サウスユーベ初蹴り 大泉南小学校

サウスユーべFCは、1992年に発足。

 これまで東京都練馬区の南大泉を中心とした小学生サッカーチームとして、 日本サッカー協会傘下の東京都サッカー少年連盟に加盟し、着実な発展と実績をおさめてきました。

 そして創立10年目にあたる2002年、クラブの将来を見据えた結果、運営基盤を強化し、 社会的信用を得るべく、練馬区のスポーツ団体では第一号となるNPO法人格を取得しました。
 ここに2002年3月、「NPO(特定非営利活動法人) サウスユーべFC」が誕生しました。
現在(2016年11月)は、幼児から大人まで合わせて150名強のクラブ員を擁しています。

 又、指導方針としては、幼児からジュニア、ジュニアユース、ユースへと15年間の一貫指導を目指しています。 幼児から大人まで、サッカーを愛する人たちがいつまでもサッカーを続けていけるような環境をつくりたい・・・
そんな大きな夢の実現に向け、私たちはこれからも地域に密着したスポーツクラブとして活動していきます。

 尚、「サウスユーべ」の「サウス」は南大泉の「南」、イタリアセリエAのユベントスからもじった「ユーべ」は、ラテン語で青少年を意味します。


ホームに戻る